電話

06-6167-5310

平日10:00-18:00  定休日:土 / 日 / 祝

見積もり / ご注文 お問い合わせ よくある質問

ご利用ガイド

商品一覧

入稿データをPDFに保存・変換する方法とフォントの埋め込み(Word、Excel、Illustrator、Photoshop)

 PDFへの保存・変換方法

印刷用に作成したデータは、作成したソフトから保存したままではなく、PDFに変換してから入稿すると文字化けや文字の欠けなどの不具合を防げます。
PDF入稿のメリット、エラーや画質低下を防ぐPDFの保存・設定方法

 

しかし、「PDF化ってどうやるの?」「難しいのでは?」と不安に思う人もいるかもしれません。

PDF化はとても簡単。
慣れればすぐにできる操作です。各種OSやソフトからPDFに変換する方法をお伝えします。

 

ワードやエクセルをPDFに変換する方法(Windows)

1.ファイルメニューを開き、メニュー一覧の下の方にある「エクスポート」を選択

 

2.PDF/XPSドキュメントの作成」を選択し、次に「PDF/XPSの作成」を選択してファイルを保存

 

ワードやエクセルをPDFに変換する方法(Mac)

1. ファイルメニューから「名前を付けて保存」を選択

2.ファイル形式を「PDF」にして「エクスポート」を選択し保存

 

IllustratorをPDFに変換する方法

1. ファイルメニューから「別名で保存」を選択

 

2. ファイルの種類を「Adobe PDF」にして「保存」

 

3. 「Adobe PDFを保存」のウィンドウが開くので、以下を設定

 

○ 一般メニュー⇒Adobe PDF プリセットは「PDF/X-1a:2001(日本)

 

○ 準拠する規格は「PDF/X―1a:2001

 

○ 互換性のある形式は「Acrobat 4(PDF 1.3)

 

○ オプションは「すべて」をチェック

 

○ 圧縮メニュー⇒カラー画像・グレースケール画像・白黒画像すべて「ダウンサンプルしない」を選択。

圧縮は、カラー画像とグレースケール画像⇒ZIPを選択、白黒画像⇒「CCITT Group 4」を選択

 

○ セキュリティメニュー⇒すべてのチェックを外す(どこもチェックされていなければOK)

 

4. 画面下部の「PDFを保存」をクリックして完了

 

トンボの設定(トンボをつける、付けない、トンボの幅を設定したい)は「トンボと裁ち落とし」から指定できます。
トンボがあった方がいいのか、トンボの位置、数値などのご不明な点や疑問があれば、入稿前にお気軽にお問合せ下さい。

 

PhotoshopをPDFに変換する方法

1. ファイルメニューから「別名で保存」を選択

 

2. 「フォーマット」のプルダウンメニューから「Photoshop PDF」を選択

 

3. 「レイヤー」にチェックを入れ、「カラープロファイルの埋め込み」のチェックを外して「保存」を選択

 

4. 「Adobe PDF を保存」のウィンドウが開くので、以下の通りに設定する

 

○ 画面左側・一般メニューより、「Adobe PDFプリセット」で「高品質印刷」を選択(ない場合は「高画質」にして互換性は「Acrobat 5(PDF 1.4)を選択)

 

○ オプションメニューの「Photoshop 編集機能を保持」にチェックを入れる。他のチェックはすべて外す

 

○ 左側の圧縮メニューを開く。下記の通りにオプション内を設定

 

・ オプション項目のプルダウンメニューから「ダウンサンプルしない」を選択

圧縮⇒ZIP

画質⇒8bit

 

・ 左側の出力メニューを開く。下の通りに設定

1. カラー返還⇒出力先の設定に変換

2. 出力先⇒Japan Color 2001 Coated

3. プロファイルの埋め込み⇒プロファイルを埋め込まない

 

5. 上記設定になっていることを確認したら「PDFを保存」

 

入稿前に必ずチェック!「フォント埋め込み」

データをPDF化しても、フォントが埋め込みになっていないとデータを作成したイメージのまま出力されない場合があります。

必ず「フォントが埋め込み」(アウトライン化)されていることを確認しましょう。

 

重要なことは、埋め込み(アウトライン化)した文字は、その後修正することができません。
後ほど修正が必要になったときのために、必ず埋め込み作業の前にバックアップを取っておきましょう。

 

Illustratorの「フォントの埋め込み」

ファイル⇒プロパティと選択すると、「文書のプロパティ」ウィンドウが開きます。

このウィンドウ内の「フォント」のタブを開いたとき、表示されているフォント名に「埋め込みサブセット」と表示されていれば、フォントが埋め込まれているので問題ありません。
また、何も表示されていない場合も問題ありません。

 

「埋め込みサブセット」ではなく「実際のフォント」という表記になっている場合はフォントが埋め込まれていないため、以下の埋め込み処理を行わなくてはいけません。

 

1..埋め込み処理をするためには、まずすべてのレイヤーのロックを解除。

 

2.次に、選択から「すべてを選択」を選び、書式より「アウトラインを作成」を選択。

 

3. 最後に、書式から「フォント検索」を選び、アウトライン化(埋め込み)漏れしているフォントがないかを確認

 

4.フォント情報が0(ゼロ)になっていればOK。

 

5. 保存して完了。

 

Photoshopの「フォントの埋め込み」

レイヤーウィンドウを開いたとき、サムネイルに「T」が表示されていなければ問題ありません。
「T」が表示されている場合はテキストデータがそのまま残っているので、以下の手順でフォントを埋め込みます。

 

1.メニューからレイヤーを選択

 

2. ラスタライズを選択

 

3.テキストをクリック

 

これで文字が画像として埋め込まれます。
文字の埋め込みを確認してから入稿しましょう。

 

 

「PDF化したいけれどうまくできない」「設定で分からないところがある」「文字のアウトライン化ができているか心配」など、PDFの変換、設定でご不明な点があればお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

ご不明な点は下記問い合わせ先にお気軽にご連絡ください。

Webフォームでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

06-6167-5310

平日10:00 - 18:00 定休日:土 / 日 / 祝

FAXでのお問い合わせ

06-6167-5311

平日10:00 - 18:00 定休日:土 / 日 / 祝