Menu

製本について

1.綴じの種類

当社で対応している製本方法は「無線綴じ」「中綴じ(針金綴じ)」「平綴じ(ホチキス留め)」で、サイズはA4・B5・A5・B6となります

(これ以外のサイズや製本についてはお問い合わせください)。

製本発注にあたって、綴じ方についてご説明します。

①無線綴じ

無線綴じ製本とは糸や針金を使わず、丁合の完了した本文の背を3ミリほど切り落とし(ミーリング)た後、溝のようなキズ(ガリ)入れて、糊(ホットメルト)をつけて、表紙をくるむ製本様式です。


書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子によく用いられています。

②中綴じ(針金綴じ)

中綴じ製本とは本を開いた状態の紙を重ね、中央を2カ所針金(ステッチ)で留める製本様式です。


取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

また、無線綴じ冊子に比べるとコストも安くおさえられ、短納期でできます。

③平綴じ(ホチキス留め)

平綴じ製本とは紙の端から5㎜程度を綴じ代として針金で留める製本様式です。


ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にお勧めです。

平綴じ製本

2.本の各部の名称

本の各部の名称を知っておいた方が、製本発注時に正確な理解とイメージができることから、ご紹介します。

3.綴じ方向について

綴じ方向

4.表紙周りについて

表紙周り

無料自動見積り
自動お見積り
かんたん見積り
チラシ・リーフレットの見積もり・ご発注
ユーザー登録のご案内
初めてのお客様はこちら