Menu

印刷について

オフセット印刷とは

インキが版と紙に直接触れないのが特徴で、版に付いたインキを一度、ゴムブランケットなどの中間転写体に転写した後、紙などの被印刷体に印刷する方法です。

オンデマンドに比べ、仕上がりが綺麗で大量印刷に向いてます。
また、印刷用紙を選ばないのも特長の1つです。

【軽オフセット印刷とは】
小型の印刷機で、紙(ピンクマスター)の版を使用して印刷する方法です。
また、「CTP(Computer to Plate)軽オフセット印刷」とは、最近主流の印刷方法で、DTPデータから刷版を作り印刷する方法です。


2.オンデマンド印刷とは

必要な物を必要な時に必要な分だけ、迅速に印刷する方法です。
オフセット印刷とは違い、版を作る必要がなく、短納期で少部数を低コストで印刷することが可能です(数枚の印刷に対応でき、素早く仕上げることができます)。

但し、大量部数となるとオフセットより割高になります。

【注意点】
オンデマンド印刷はトナーを使用しますので、オフセット印刷と比べた場合、同一データでも色や濃度など仕上がり具合が異なりますので、予めご了承ください。

また、1枚ごとに印刷位置に若干の誤差が生じるため、仕上がりサイズぎりぎりの原稿やレイアウトなど、精密なデザインには向いておりません

無料自動見積り
自動お見積り
かんたん見積り
チラシ・リーフレットの見積もり・ご発注
ユーザー登録のご案内
初めてのお客様はこちら