電話

06-6167-5310

平日10:00-18:00  定休日:土 / 日 / 祝

只今メンテナンスのため、受注業務を停止しております。
何卒ご了承くださいませ。
緊急の連絡は06-6167-7365までお願いいたします。

見積もり / ご注文 お問い合わせ よくある質問

ご利用ガイド

商品一覧

本・冊子の「表紙」は4ページ!? 意外と知らない冊子作りの基礎知識、印刷料金の違い

ネット印刷で冊子印刷を注文するとき、「表紙」と「本文」の仕様(色数やページ数など)を指定しなければいけません。

そもそも「冊子」とは、表紙で本文で構成され、印刷・製本した印刷物です。
とりわけ表紙は、中身である本文を守り、本文の内容をタイトルにして伝える、とても重要な冊子のパーツです。

 

今回は、そんな表紙の意外と知らない基礎知識についてご紹介します。

 

表紙は「4ページ」で構成される

表紙というと、タイトルが書かれている“顔”のようなイメージがあります。

印刷・製本の世界では、表紙には「冊子の本文をくるむ」外装の役割があります。
そのため、いわゆる表紙と思われているページは「表表紙(おもてひょうし)」、反対側を「裏表紙(うらびょうし)」と呼びます。

表表紙と裏表紙の間には、「背表紙(背表紙)」があります。

 

印刷・製本の世界では、表表紙、裏表紙、背表紙で表紙を構成するという考えなのです。

 

表1、表2、表3、表4とは?

実際の印刷業界では、「裏表紙」「裏表紙の裏側」などと、日常業務の中で呼び合うのはいささか煩雑です。
そのため、以下のように表現することが決まっています。

 

  • 1 (表表紙)

  • 2 (表表紙の裏側)

  • 3 (裏表紙の裏側)

  • 4 (裏表紙)

表紙ー左綴じ(横書き)の場合

  左綴じの場合

 

表紙ー右綴じ(縦書き)の場合

  右綴じの場合

 

表1、表2、表3、表4 それぞれの役割

1〜表4までの、それぞれの特徴についても把握しておきましょう。

 

表1

いわゆる「表紙」です。冊子の顔となるページです。
見えやすいタイトル、人気のモデル、おしゃれなデザインなど、工夫を凝らして人の目を引くようにします。

 

また、表1のデザインを考えるなら、配布時のことも考えましょう。
店頭などに平置きにするなら、他の冊子などに負けないような差別化を意識したデザインを考えなければいけません。

 

 

2

1をめくって一番に目につく表2
雑誌1冊の中では、表2の広告料が一番高いと言われます。イベント告知など、知らせたいことがあるのなら、表2に掲載しましょう。

 

 

3

2に次いで、読者の目に入るページです。
こちらも告知や広告スペースに使うといいでしょう。終盤のページなので、次号のお知らせなどを掲載するのもおすすめです。

 

 

4

いわゆる裏表紙です。
2、表3同様に人目につくページです。とくに、ページをめくらなくても見える裏表紙は、他社広告などを載せるのにも適しています。

 

表紙印刷の料金を比較 「モノクロorカラー」「片面or両面」で費用が変わる

表紙の価格は、モノクロよりカラーが高く、片面印刷より両面印刷のほうが高くなります。

 

表紙の印刷仕様

 

表紙の印刷面、色数で、印刷価格の違いを比較してみましょう。

例えば、A4/本文40ページ100部の冊子を作ります。

 

ブックホン価格(2019年9月)

 

  • モノクロ片面……14,319円/1冊あたり143.2

  • カラー片面……15,249円/1冊あたり152.5

  • モノクロ両面……15,714円/1冊あたり157.1

  • カラー両面…… 17,574円/1冊あたり195.3

  • カラー片面/モノクロ片面…… 16,644円/1冊あたり166.4

※納期/超ゆったりコース(10営業日)、10%割引のPDF入稿の場合

 

このように、カラーでの印刷面が多いほど、費用が高くなります。

ただし、広告効果を考えると、一概に「片面印刷のほうがお得だ」とは言えません。
予算や、冊子の用途、流通など総合的に判断して、上手に表紙2、表3を活用してみましょう。

 

 

お問い合わせ

ご不明な点は下記問い合わせ先にお気軽にご連絡ください。

Webフォームでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

06-6167-5310

平日10:00 - 18:00 定休日:土 / 日 / 祝

FAXでのお問い合わせ

06-6167-5311

平日10:00 - 18:00 定休日:土 / 日 / 祝