電話

06-6167-5310

平日10:00-18:00  定休日:土 / 日 / 祝

見積もり / ご注文 お問い合わせ よくある質問

ご利用ガイド

商品一覧

ご利用ガイドオプション加工について

基本的な冊子印刷に装丁のオプション加工をプラスして、より読みやすく、本格的な仕上がりに。

ブックホンでは5つのオプション加工をお選びいただけます。

  • 扉(とびら)
  • 表紙のPP加工(クリアとマット)
  • 片袖折り
  • 見返し
  • 穴(2穴)あけ加工

PP加工

オプション加工についてーPP加工

PP加工は、ポリプロピレン(Poly Propylene)という素材を使用した、表紙の表面を保護するコーティング加工です。
繰り返し使う冊子の耐久性、耐湿性が向上し、光沢やマットな質感で写真やイラストが映え、表紙の手触りに高級感、重厚さが生まれます。

PP加工に適した冊子

  • 教材、テキスト
  • 報告書、マニュアル
  • 記念誌
  • アルバム、写真集

ツヤ・光沢のある「クリアPP」と、反射しないツヤ消しの「マットPP」の2種類からお選びいただけます。

クリアPP

つるつるとした手触りで、写真の色合いを鮮やかに、みずみずしく仕上げます。グロスPPともいいます。

マットPP

光沢を抑え、さらさらとやわらかな、落ち着いた質感が高級感を演出します。淡いすりガラスのような風合いが生まれます。

扉(とびら)

オプション加工についてー扉(とびら)

題名や章タイトル、筆者名などを記載するページです。

本文の始まる前に、本文よりも上質な紙で挿入するのが一般的です。
29色の色上質紙のカラーバリエーションをご用意しています。

本文と同じ用紙で扉を付けることもありますが、色上質紙で質感に差をつけ、本文との違いが分かりやすくなり、章扉として利用できます。
扉の用紙には、カラー、モノクロ、片面印刷、両面印刷が可能です。

印刷をせず、遊び紙として挿入することもできます。

扉の位置

章や部を区別するため、本文の間に挿入する扉ページを「中扉」「章扉」「部扉」と言います。
複数の著者が寄稿している文集や論文集などで、作者ごとに中扉を挿入することもあります。

片袖折り

オプション加工についてー片袖折り
冊子の中に見開きサイズのページを挿入し、三つ折りにして折りたたむ加工です。

カラー、モノクロ、片面印刷、両面印刷ができます。
任意のページに最大5枚まで作成することが出来ます。(三つ折りにしたぶんページが嵩張るので、冊子全体のページ数とのバランスを考えて挿入しましょう。)

片袖折はこんな用途におすすめです。

地図や年表、工程表など、大きな図版を途切れなく見せたい場合に効果的です。
また、他ページとの差別化を図れるので、特別な寄稿文や写真、名簿などを片袖折りにするのもいいでしょう。

片袖折りのデータ作成

例えばA5縦サイズの冊子では、片袖折りのページはA4横サイズになります。

見返し加工

オプション加工についてー見返し加工

表紙の裏に紙を貼り、表紙を補強して装飾性を高める装丁です。

例えば、A5縦サイズの冊子の場合、A4横サイズの紙を二つ折りにして表紙と本文の間に挿入し、紙の半分は表紙と接着して、半分を遊び紙として本文の前後に付けます。
無線綴じやハードカバーで利用されることが多く、冊子が丈夫になり、高級感の出る加工です。

上質紙、色上質紙から見返し加工の紙をお選びいただけます。

穴あけ加工

オプション加工についてー穴あけ加工
バインダーやファイルに綴じられるように、冊子の綴じ側にとじ穴を開ける加工です。
ブックホンでは、穴の数は2つ(間隔80mm)、とじ穴は直径5mmと6mmをお選びいただけます。

お問い合わせ

ご不明な点は下記問い合わせ先にお気軽にご連絡ください。

Webフォームでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

06-6167-5310

平日10:00 - 18:00 定休日:土 / 日 / 祝

FAXでのお問い合わせ

06-6167-5311

平日10:00 - 18:00 定休日:土 / 日 / 祝