電話

06-6167-5310

平日10:00-18:00  定休日:土 / 日 / 祝

只今メンテナンスのため、受注業務を停止しております。
何卒ご了承くださいませ。
緊急の連絡は06-6167-7365までお願いいたします。

見積もり / ご注文 お問い合わせ よくある質問

ご利用ガイド

商品一覧

プロっぽいフォトブック作成術 5つのポイント

フォトブック

旅行の思い出や子どもの成長記録、友人や家族へのプレゼントに、フォトブックを作る人が増えています。

フォトブックを作る専用アプリやサービスもありますが、多くは決まったスタイルや冊数のフォトブックに、自分の画像をあてはめていくプランになっています。

 

ネット印刷にオーダーすれば、ページ数や紙、サイズなどを自由に選んだフォトブックを1冊から作成できます。
用紙の質感や手触りにこだわったり、正方形や横長などカスタムのサイズにしたり、オプション加工に挑戦したり。ページ数も決まりはありません。

 

テンプレートを使わない、オリジナルのフォトブックを作るときに「プロっぽく仕上げる」すてきなフォトブック作りのポイントを5つお伝えします。
ポイントをおさえて、あとは自由に!
セルフプロデュースのフォトブックの完成です。

 

ブックホンのフォトブック/アルバムの印刷・製本 オススメ仕様や価格例

 

① 先に写真を選んで、まとめる

フォトブック作りでは、まず初めに「どの写真を入れるか」を決め、パソコンやタブレットに「フォトブックに使用する写真」フォルダを作って、そこに使う写真を入れて、まとめていきましょう。

こうすることで「あの写真を使い忘れた!」というウッカリを防ぐことができます。

 

ココが決め手!

写真は「人だけ、風景だけ」に偏らないようにセレクトするのがポイント。

食べ物や小物、植物などを配置するとアクセントになり、一番見せたい写真の引き立て役としても使うことができます。

 

② 写真の雰囲気を統一する

フォトブックに入れる写真の雰囲気を統一すると、とたんにプロっぽい仕上がりになります。

写真加工アプリを使って同じフィルターをかけて、写真の色味を合わせると、かんたんにイメージを揃えることができます。

 

ココが決め手!

フォトブック全体で、写真の雰囲気を統一すれば、もちろん引き締まりますが、

「ここからここまではこのフィルター」と、1冊のフォトブックの中で章を区切るように、イメージを分けるのも目に楽しく、センスが盛り込まれて、おすすめです。

 

③ 大胆なレイアウトのページを作る

フォトブックに掲載したい写真がたくさんあると、どうしても1枚を小さくして1ページにたくさんの写真が配置されるようにレイアウトしがちです。
しかし、それでは全体がごちゃごちゃした印象になってしまいます。

 

プロのカメラマンが作る写真集は、見開きに大きく1枚の写真だけを配置したページがあります。

 

ココが決め手!

「これ」という写真は大きく使う、大胆なレイアウト、ページ構成にするのが上級者のワザです。

 

④ 写真の情景を文字で伝える

フォトブックには写真だけでなく、文字も入れておくのがおすすめです。

その写真を撮ったときにどんなことがあったのか、など写真だけでは伝わらない情報がテキストとして残っていると、何年も後から見直したときに「そういえば、そうだったね」と当時のことがより鮮やかに思い起こせます。

 

ココが決め手!

文字がメインで、小さな写真が添えてあるページがあっても面白いですよ。

 

⑤ タイトルは短くおしゃれに!

最後の最後まで悩む人が多いのが、タイトル。

「夏休みの記録」なんてそっけないタイトルはNGです。
雑誌の編集長になった気分で、シンプルでかっこいいタイトルを考えましょう。

 

ココが決め手!

英語やフランス語など、外国語にするとそれだけでカッコよさが5割増しになるのでおすすめ。
例えば「夏休みの記録」より「Summer Vacation」のほうが、ページを開きたくなるのではないでしょうか。

 

 

ネット印刷で作るフォトブックは、好きなページ数、サイズや用紙で1冊からオーダーできます。
オンデマンド印刷を選べば、少部数から安くきれいに本格的な冊子が印刷製本できます。

あなたの大切な思い出、1冊の本に残してみませんか?

お問い合わせ

ご不明な点は下記問い合わせ先にお気軽にご連絡ください。

Webフォームでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

06-6167-5310

平日10:00 - 18:00 定休日:土 / 日 / 祝

FAXでのお問い合わせ

06-6167-5311

平日10:00 - 18:00 定休日:土 / 日 / 祝