ブックホンは多ページ対応(800pまで可) PDF入稿で10%OFFなどお安く印刷製本できます。また送料も無料です。

すぐ使える1,000円分のポイント進呈!  会員登録はこちらから!

ブックホンは冊子印刷製本業界で最安値に挑戦しています。

オンデマンド印刷・オフセット印刷 全商品 実質最大35%OFF!

今すぐお見積もりご注文はこちらから

かんたんクイック見積り

ページ数
部数
業界最安値に挑戦中!  37,351  円 (税込)

リンク後、印刷仕様の変更(用紙や色数など)、
お見積書PDFのダウンロードやご注文が可能です。
キャンペーン期間中は割引価格を表示しております。

24時間・365日受付中  見積もり / ご注文 激安の印刷価格を今すぐ チェック 【見積書PDFダウンロード可能】 お問い合わせ よくある質問
paid後払い

Paidは、法人・個人事業主のお客様を対象とした締め支払い(後払い)の決済サービスです。

PDF入稿は通常価格から10%OFF!

PDF入稿通常価格から10%OFF!

無線綴じ冊子の背表紙の背幅を自動で計算します。

無線綴じ冊子の背表紙の背幅を自動で計算します。

Wordの冊子テンプレート(A5/B5)を無料ダウンロード!

Wordの冊子テンプレート(A5/B5)を無料ダウンロード!

ご利用ガイド

商品一覧

失敗しない冊子印刷製本

ZINE(ジン)リトルプレスの印刷料金とおすすめの用紙、綴じ方

ZINE(ジン)の印刷料金や用紙選び最近ではZINE(ジン)を集めたイベントや専門店があるほど、ZINEカルチャーは一般に浸透してきています。

今回は、そんなZINEの制作に必要な印刷・製本の知識をご紹介しましょう。手製本している方も少なくないZINE。しかし、オンデマンド印刷を利用すれば、もっと簡単に、クオリティの高いZINEの制作ができます。

ブックホンのフリーペーパー / ZINEの印刷製本オススメ仕様・価格例はこちら

ZINE(ジン)とは?

ZINEとは、自主制作の出版物のことです。リトルプレスなどと呼ばれることもあります。
日本では“同人誌”と呼ばれることも多いです。フリーペーパーのように無料のものもあれば、有料のものもあります。

 

ZINEは、アーティストやクリエイターなどの一般人が、編集したいテーマを決め、それに沿って編集する“新しい雑誌”の種類です。どれもオリジナリティにあふれているのが、ZINEの魅力といえます。

最近人気のZINEのテーマを見ても、農家、縄文時代、おじいちゃん・おばあちゃん等、取り上げるテーマは非常に豊かで個性的です。

 

ZINEに最適な「紙、印刷の仕様」が知りたい!おすすめの紙は?

さて、個性的なテーマの多いZINEですが、どんな紙や仕様が最適なのでしょうか?
一つの例として、以下の仕様を参考にしてみてください。

 

おすすめの用紙

  • 表紙:マットコート160K
  • 本文:マットコート90K

ZINEにおすすめの用紙はマットコートです。
ツヤのある質感がよければ、 コート紙を選択してください。もちろん、紙質の細かいところはお好みです。

文字が多いのであれば、 本文に上質70Kや書籍72.5Kを使用してもいいでしょう。

堅牢さを出すため、表紙は本文よりも“厚い紙”で制作するのが一般的です。

 

おすすめの印刷・製本の仕様

  • サイズ:B5、A4
  • 綴じ方:無線綴じ、中綴じ
  • 本文:表紙カラー、本文カラー・モノクロ混在

 

ZINEの綴じ方(製本方法)を選ぶポイント

無線綴じは高級感があって、丈夫なイメージがあります。

一方、中綴じはホチキスを使う分、簡易的な冊子に見られがちですが、薄く仕上がり、携帯するのに便利なメリットもあります。
ノド(綴じた部分)も見えやすいため、写真を見開きで印刷したい場合などには、 中綴じがおすすめです。

マットコート90Kの「K」とは?

紙の種類を選ぶ際、紙の商品名のあとに「○○90K」などと書かれていることがあります。
この Kとは「斤量(きんりょう)」のこと。この数字を見ることで、紙の厚さがわかります。

 

Kとは、「kg」のことです。
斤量について説明すると、例えば、「マットコート90K」の紙があったとします。これは、「マットコート紙1,000枚の重さが90kg」という意味です。「マットコート160K」の場合は、「マットコート紙1,000枚の重さが160kg」という意味になります。

 

1枚あたりの重さを計算すると、当然、160kgのほうが重いです。
つまり、「マットコート160K」は、重い=”厚みがある紙”であることがわかります。

 

Kの前につく数字は、大きければ大きいほど厚く、小さければ小さいほどペラペラと薄い紙だと覚えておきましょう。

カラー、モノクロ。仕様によって変わるZINEの印刷費

ZINEの制作費についても触れていきましょう。

デザインやデータ作成にリソースをかけながら、印刷製本はきれいに、印刷費はなるべく抑えたいもの。
一般的に、 発注部数が多ければ多いほど、1冊あたりの印刷費は安くなります。

また、納期が長いほど印刷費は安くなります。

ブックホンには2日,3日,5日,7日,10日と納期のコースがありますが、同じ仕様でも10日コースが最安値になります。

 

ZINEの印刷価格例 ①

B5サイズ、表紙はカラー、本文の一部をモノクロにしたZINEの仕様です。
ブックホンの本文のカラー・モノクロ混在印刷はカラー料金はカラーページだけなので、モノクロの文字中心のページはモノクロ指定で注文すると、フルカラーよりかなりコストを抑えられます。

 

サイズ : B5
製本方法 : 無線綴じ
用紙 : 表紙/ニューVマット160K 本文/マットコート90K 

表紙印刷 : カラー両面
本文印刷 : カラー・モノクロ混在
印刷方法 : オンデマンド印刷

納期 : 超ゆったり10日コース
入稿データ : PDF(ブックホンはPDF入稿10%割引!)

 

この仕様なら、例えば10ページで100部の印刷費は 16,163 円(税込) 一冊あたり161.6円 (モノクロページ5、カラーページ5)です。(2019年12月)

 

ページ数、部数を変えて、印刷費をチェック!

上記と同じ仕様で、お好きなページ数、部数を選んでください。

かんたんクイック見積り

製本方法:無線綴じ サイズ:B5
表紙印刷:カラー両面 表紙用紙:ニューVマット160K
本文印刷:カラー/モノクロ混在両面 本文用紙:マットコート90K
ページ数
部数
業界最安値に挑戦中!  1,648  円 (税込)

リンク後、印刷仕様の変更(用紙や色数など)、
お見積書PDFのダウンロードやご注文が可能です。
キャンペーン期間中は割引価格を表示しております。

本文印刷のカラー・モノクロの混在数の指定は「全ページモノクロ」が初期設定です。

 

ZINEの印刷価格例 ②

同じB5サイズで、針金で綴じるシンプルな製本方法がリーズナブルな「中綴じ製本」を選んだ、モノクロデザインのZINEの価格例です。

 

サイズ : B5
製本方法 : 中綴じ
用紙 : 表紙/ニューVマット160K、本文/上質70K

表紙印刷 : モノクロ片面
本文印刷 : モノクロ
印刷方法 : オンデマンド印刷

納期 : 超ゆったり10日コース
入稿データ : PDF(ブックホンはPDF入稿10%割引!)

 

この仕様なら、例えば12ページで100部の印刷費は9,706 円(税込) 一冊あたり97.1円 です。(2019年12月)
中綴じ製本の本文ページ数は4の倍数でデータ作成します。ブックホンでは4~40ページの中綴じ製本に対応しています。

 

ページ数、部数を変えて、印刷費をチェック!

上記と同じ仕様で、お好きなページ数、部数を選んでください。
およそ150部以上は、オフセット印刷の方が安くなります。ボタンを押したあと、オフセット印刷に変更すると、自動で印刷費も変更されます。

かんたんクイック見積り

製本方法:無線綴じ サイズ:B5
表紙印刷:カラー片面 表紙用紙:ニューVマット160K
本文印刷:モノクロ両面 本文用紙:上質70K
ページ数
部数
業界最安値に挑戦中!  987  円 (税込)

リンク後、印刷仕様の変更(用紙や色数など)、
お見積書PDFのダウンロードやご注文が可能です。
キャンペーン期間中は割引価格を表示しております。

 

表紙を両面カラーにするか、本文にカラーとモノクロを混ぜるかどうかで、印刷費用に差が出ます。部数によっても1冊あたりの費用は変わるので、見積もりで価格と仕様を比較しながら、ご検討ください。

ZINE作りに役立つ!フォントの知識とおすすめ欧文フリーフォント4選

ZINE印刷製本ガイド 紙、サイズ、発色、装丁を選ぶポイント

【縦長、横長のZINE】製本方法や綴じ方向の種類、印刷価格の違いは?

お見積り・ご注文はこちら

● かんたん!印刷費がすぐわかる!
● PDF入稿 通常価格から10%割引
● 全国送料無料

サイズや部数を選ぶだけ!印刷料金をリアルタイム表示!
オンデマンド印刷、オフセット印刷を同時に比較できます。
お見積書のダウンロード(PDF)も可能です。


「予算におさまるよう仕様を決めたい」
「用途にあった紙や、印刷方法を教えてほしい」

冊子印刷のご質問やお悩みを、何でもお気軽にご相談ください。
もっときれいに、もっとリーズナブルに。冊子印刷のプロがご提案、アドバイスいたします。

よくあるご質問:ご注文方法や印刷製本について

お問合わせフォーム:24時間受付中です。担当者よりご回答、ご連絡いたします。

お電話:06-6167-5310
営業時間:平日10時~18時
定休日:土曜・日曜・祝日

安心の冊子印刷製本
サポート 
ブックホンができること

1冊から1冊単位でご注文できます。
増刷は必要な部数だけ!
分納(複数ヵ所への出荷)のご指定も承ります。

本印刷前に入稿データを印刷製本した冊子をお届けします。
本文モノクロ:2,200円(税込)
本文カラー:3,300円(税込)

PDF入稿は通常価格から10%OFF!
WordもIllustratorもPDFに変換すればお得&安心安全!

● 最短3営業日出荷3~10営業日まで4つの納期コース 長いほど安い!
● 本文の混在印刷カラー料金はカラーページだけ!
お得に冊子の見栄えアップ!

お役立ちツール 
はじめての冊子印刷製本でも安心!

無線綴じ冊子の背表紙の背幅を自動で計算します。

Wordの冊子テンプレート(A5/B5)を無料ダウンロード!
縦書き、横書き、2段組など全29種類

ブックホンの用途で探す小冊子

作りたい冊子の用途に合わせて、おすすめの仕様や価格例をご案内

  • 表示切替:
  • 全て
  • 学校・教育現場向け
  • 法人・各種団体向け
  • 個人・サークル向け

教材/テキスト 冊子印刷 おすすめの仕様や価格のご案内

講座テキスト・問題集やセミナー向けなど、様々な教材/テキストの冊子作りとコストの見直しに。

論文冊子 冊子印刷 おすすめの仕様や価格のご案内

博士・修士や卒業論文など、各種論文の提出や配布用の冊子を安くきれいにお手元へお届けします。

文集/エッセイ集 冊子印刷 おすすめの仕様や価格のご案内

卒業文集は仲間達と綴る最後の共同作品。大切な1冊のための、ベストな仕様と費用をご提案。

卒園アルバム/記念誌 冊子印刷 おすすめの仕様や価格のご案内

卒園アルバム・退官記念誌や創立記念誌など、人や企業の《足跡と希望》を、最適な形で冊子に。

楽譜/音楽教本 冊子印刷 おすすめの仕様や価格のご案内

音楽教室のレッスン用の楽譜や教本、発表会で使うお揃いの楽譜などを低価格でご検討頂けます。

報告書 冊子印刷 おすすめの仕様や価格のご案内

時勢に応じた最小限の部数・1部単位の追加など、最適な報告書作りを低価格でサポートします。

資料 冊子印刷 おすすめの仕様や価格のご案内

各種公的機関・オフィス用途から趣味用途まで、目的に合った資料冊子作りをサポートします。

マニュアル/取扱説明書 冊子印刷 おすすめの仕様や価格のご案内

ユーザーにとってわかりやすく扱いやすいマニュアル小冊子を、そんなご要望にお応えします。

パンフレット/プログラム 冊子印刷 おすすめの仕様や価格のご案内

手軽で活路も多いパンフレットなどの最適仕様をご案内します。小ロットでも低価格で印刷製本!

カタログ 冊子印刷 おすすめの仕様や価格のご案内

少ロットでも低価格な冊子印刷で、新商品限定や季節カタログをより効果的に活用できます。

写真集/フォトブック 冊子印刷 おすすめの仕様や価格のご案内

撮りためた写真作品の冊子化は、ノベルティーとしても手軽で扱いやすいオンデマンド印刷で。

絵本/イラスト集 冊子印刷 おすすめの仕様や価格のご案内

初めての冊子作りでも、簡単で、安くきれいに冊子絵本やオリジナルのイラスト集を製作できます。

オリジナルノート/医療手帳 冊子印刷 おすすめの仕様や価格のご案内

各種ノートや医療用手帳を自由なデザイン・書式で1冊から作成、イベントのノベルティーにも。

句集/詩集 冊子印刷 おすすめの仕様や価格のご案内

作品が冊子になる喜びを身近に感じていただくために、少部数・低価格でサポート致します。

小説/実用書 冊子印刷 おすすめの仕様や価格のご案内

低価格・小ロットが得意なブックホンは作品や商品として、小説や実用書の冊子化を応援します。

自分史/自伝 冊子印刷 おすすめの仕様や価格のご案内

生きた証を形に残したい方へ。ページ数や文体に縛られない自由な自分史作りで新しい発見を。

会報誌/広報誌 冊子印刷 おすすめの仕様や価格のご案内

最短3営業日で出荷可能、幅広く活用される会報誌や広報誌作成を納期面でもサポート致します。

フリーペーパー/ZINE 冊子印刷 おすすめの仕様や価格のご案内

個人発信ツールとして人気のZINE(ジン)、初めての1冊はブックホンでチャレンジしませんか?

お問い合わせ

ご不明な点は下記問い合わせ先にお気軽にご連絡ください。

Webフォームでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

06-6167-5310

平日10:00 - 18:00 定休日:土 / 日 / 祝

FAXでのお問い合わせ

06-6167-5311

平日10:00 - 18:00 定休日:土 / 日 / 祝