電話

06-6167-5310

平日10:00-18:00  定休日:土 / 日 / 祝

只今メンテナンスのため、受注業務を停止しております。
何卒ご了承くださいませ。
緊急の連絡は06-6167-7365までお願いいたします。

見積もり / ご注文 お問い合わせ よくある質問

ご利用ガイド

商品一覧

Photoshopでデータ入稿する前に!3つの超基本チェックポイント

Photoshopのデータ入稿で失敗しない方法

冊子の原稿データをPhotoshopで作成する時、DTPの超基本となる3つのポイントをおさえるだけで、印刷製本に適したデータになり、仕上がりイメージを損なうことなく、満足できる冊子を完成させることができます。

 

時間をかけて、悩みながらも完成させる原稿データ。
満足できる仕上りの冊子を手にするため、印刷会社へ入稿する前にPhotoshopの「3つの超基本ポイント」をチェックしましょう。

 

Photoshop入稿の超基本① カラーモードはCMYK

PhotoshopのカラーモードはRGBとCMYKの2種類があり、RGBはディスプレイ表示に使用されるモード、CMYKは印刷で使用するモードです。

 

それぞれの色味は表現方法により異なります。
RGBが鮮やかな発色をするのに比べ、CMYKはやや沈んだ、落ち着いた発色です。

CMYKとRGBの違い

色味の違いを後から調整するのはデザイン上からもスムーズといえません。

原稿作成の開始からカラーモードをCMYKにしてから(またはCMYKプレビューで色味を確認しながら作業する)作業を進め、仕上がりの色の印象が変わるのを防げます。

 

カラーモードは新規作成時の画面から「カラーモード」で選択できます。
作成後も、「イメージ」⇒「モード」からCMYKを選択して変更できます。

 

印刷会社へのデータ入稿もCMYKで保存したデータを入稿します。

 

Photoshop入稿の超基本② 解像度は350dpi

パソコンやスマホのディスプレイで見るなら解像度は72 dpiでも問題ないため、72 dpiの設定のまま印刷用の原稿データを作ってしまうケースが珍しくありません。

しかし、72 dpiで作成された画像を印刷すると、細部がきれいに表現されず、ぼやけた荒い画像になってしまいます。

 

印刷する原稿データの解像度は、カラー、モノクロやグレースケール、それぞれに適した数値に設定する必要があります。

 

印刷に適した、原寸サイズの解像度 推奨値

 

● カラー印刷(CMYK)

解像度 300~350dpi

 

● モノクロ印刷

グレースケール 解像度 600dpi

モノクロ2階調 解像度 1200dpi

 

この数値より小さくても印刷は出来ますが、荒れた画質になることがあります。
また、この数値より大幅に解像度の高い画像は、印刷会社での作業時にエラーを起こす恐れがありますので、できるだけ控えて推奨値に設定して、入稿しましょう。

 

Photoshopの解像度は、新規作成画面の「解像度」で設定できます。
すでに作成されたファイルの解像度は、「イメージ」⇒「画像解像度」から確認できます。

 

Photoshop入稿の超基本③ 3mmの塗り足しを忘れない

入稿された原稿は、仕上がりサイズより一回り大きい用紙に印刷して最後に仕上がりサイズになるよう上下左右を裁断します。

裁断する際は用紙を数百枚から数千枚重ねて一気に切るのですが、このとき、どうしても0.1㎜程の誤差がでてきます。

 

画像が仕上がり位置より少し外側まで塗り足されていれば、微妙なずれが出て裁断しても分かりませんが、仕上がり位置ギリギリまでしか画像がないと、わずかに少し外側で裁断された場合、白く細い線(用紙の白地)が出てしまいます。

 

このフチに白い線を出さないために、仕上がりサイズの3㎜外側まで元の画像を広げ、塗り足しを作りましょう。

塗り足しは3mm

 

Photoshop 塗り足しの作り方

Photoshopで塗り足しを作るには、カンバスのサイズを仕上がりサイズより左右上下、ともに6㎜大きく設定します。

新規作成時は塗り足しを含めたサイズを手入力し、作成後なら「イメージ」⇒「モード」⇒「カンバスサイズ」からサイズを変更できます。

 

仕上がりがA4サイズの塗り足し付きサイズ

A4は210㎜×297㎜なので、それぞれに6㎜を足した、

216㎜×303㎜ に設定します。

 

参考記事:
塗り足しと文字の配置が、印刷物を美しく仕上げる決め手!

 

Photoshopで作る入稿データの保存方法

Photoshopで作った原稿データは、文字化けやレイアウト崩れを防ぐため、すべての画像とテキストをレイヤー統合してから保存します。

「レイヤーメニュー」から「画像を統合」を選んでください。
鍵マークが表示されれば問題ありません。

【注意!】
レイヤーの統合は「別名保存」で、別ファイルにしてから行いましょう。
一度、レイヤーを統合すると、元の分かれたレイヤーに戻せません。

 

PDF形式で保存、入稿すればトラブル防止&ブックホンなら10%安い!

ブックホンではPSD形式のデータ入稿に対応していますが、PDF形式でのデータ入稿は通常価格から10%割引になります。

文字化けやレイアウト崩れ、操作環境の違いによるエラーなどのトラブル防止にも、PDFは役立ちます。

 

参考記事:
入稿データをPDFに保存・変換する方法とフォントの埋め込み(Word、Excel、Illustrator、Photoshop)

 

原稿作成前、入稿前の超基本3つのポイント&PDF入稿で、安心して納得できる完成冊子がお手元に届きます。

「こんなはずじゃなかった・・・」とガッカリしない冊子制作に、ぜひお役立てください。

お問い合わせ

ご不明な点は下記問い合わせ先にお気軽にご連絡ください。

Webフォームでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

06-6167-5310

平日10:00 - 18:00 定休日:土 / 日 / 祝

FAXでのお問い合わせ

06-6167-5311

平日10:00 - 18:00 定休日:土 / 日 / 祝